手づくり

スキマ時間に布と色と糸で楽しむ【刺繍初心者】使いやすい道具と飾る道具の紹介

2021年10月28日

以前から刺繍が出来るようになりたいな、と思いつつも何回も途中で飽きて放ったらかしにしてしまうことがあって。

自分には向いていない、もう刺繍はやめておこう、と思っていたのですが。

今年の春にとあることがキッカケでまた始めてみた刺繍。

今のところ前回みたいに途中で飽きることはなくて、ゆるい感じで続いてるので良しとしています。

(ハードル低めに設定)

途中で挫折しない為に今回は新しい道具を揃えました。

前回は図案を書き写す時に使うのに、家にあるチャコペーパーが洋裁用だったみたいで、うまく布に写せなくて困ったので。

今回は図案を写しやすいチャコペーパーを調べて新たに購入、さらに水性チャコペン(青とピンクのツイン)も。

トレーシングペーパーは家にあったので、それを使用。

あとは、自分がどんな図案が好きなのかを調べまくって、刺繍の本も作家さん何人かのものを本屋さんで見たり、購入したりしてます。

模様のようなものが好きなのか、花や植物なのか、動物なのか、ステッチは何が好きで何が苦手か、等

刺繍しながら自分の好みや苦手とすることを理解していってる感じです。

↓の小さいのはカモミールのイラストを参考に自分で色もステッチも決めたもの。

ポーチやトートバッグをつくって、刺繍したりもしたいのですが、まだそこまでは出来そうにないので。

気軽に飾るようの刺繍枠にはめて、しばらく目にふれる場所にかけてます。

並べることで満足感もあるし、次はここを気をつけよう、とか次は何を刺繍しようか、とかの意欲にもつながるので。

飾り用の刺繍枠は木製の↓お値段手頃な3点セットが今のところお気に入りです。

(7.5cm、10.5cm、15.5cm)

最初一番小さい7.5cmを見たときにこれは小さ過ぎるかな、と思って2点セットの方(10.5cm、15.5cm)を購入した時もありましたが。

7.5cm(上のカモミールをはめているもの)が意外と気に入ってます。

刺繍初心者なので、小さいものの方が気軽に出来る気がします。

これからもゆるく続けてると思うので、刺繍のことはまた引き続きテーマを決めて、こちらにアップしていこうと思ってます。

今回は、スキマ時間に気軽に出来る、手を動かしてしばし夢中になれる『趣味の刺繍』

使いやすいと思ったチャコペーパー・水性チャコペンと飾る道具の紹介でした。

 

 

 

--------

au PAY ふるさと納税

-手づくり
-