about くつろぐ家時間

緑の多い場所で小さくても庭のあるお家に住むことが私の長年の夢でした。ふたりで働いてお金を貯めて家を買い、住み始めたのが今から約15年前のこと。

子供の頃から海外のゆったりした住宅が憧れで、映画に出てくるお家にうっとりしたり、岡山にいた高校生の時は誰かの家が建った後の完成見学会に行ったり、神戸の短大に進学した後には友達を連れてハウスメーカーの展示場に行ってはいろいろと見てまわるのが大好きでした。

20代前半に結婚してからも夫を連れて、土地もなく現実には買えないような輸入住宅の展示場や完成見学会などに行っては幸せな気持ちになってるくらいで。

そんな感じなので、長年の夢が叶って、小さくても庭のあるこの家に住めば幸せになれる、と当時の私はそんな幻想を抱いてました。

 

あれから15年、いろいろあって、我が家はサラリーマンから自営業になり10年くらい経ちました。家の中にワークスペースがあり、家族共に家にいる時間が長くなり、暮らしの大切さが身に染みています。

 

この『くつろぐ家時間』では、

くつろぎ(ほっとリラックス)、楽しみ、充電するをテーマに

家の中の雰囲気を癒してくれる観葉植物のこと、

庭で育てているお花やハーブや果樹などのこと、

素材のおいしさを活かした簡単でお気に入りの料理、

新しくレパートリーを増やしたくて作ってみた料理、

暮らしを手助けしてくれる道具や愛用品、

古くなっていろいろと必要になってきた「家のお手入れ」などをこれから伝えていこうと思います。

 

暮らしぶりは人それぞれ、そのそれぞれの暮らしぶりがヒントとなり、形を変えて我が家の暮らしに根付くこともあります。

我が家の暮らしぶりも誰かの暮らしのちょっとしたヒントになればとても嬉しいです。

2020年9月 sarah

 

2020年9月19日