手づくり 料理を楽しむ

気軽におやつづくり、米粉でチャイスパイスクッキー等(苦手意識→お気に入り)

以前つかってみたものの、扱いにくくて美味しくつくれなかった記憶のある米粉。

どこかで購入した米粉パンが美味しかったから、

自分でもパンづくりで使ってみたら手について扱いにくくて、食感も餅みたいで上手く出来なかったり。

市販の米粉のパンケーキミックスでパンケーキつくってた時もありますが、それもあまり膨らまなくてペタッとして、

結局米粉は膨らみにくいし、餅みたいになるし、扱いにくくて…と苦手意識が出来て、料理のとろみづけ等で少し使うくらいになってた米粉でしたが。

少し前から、米粉がまた気になってきて、そう言えば、以前夫がお土産で買ってくれた米粉のシフォンケーキ美味しかったなーと思い出したりもしてました。

そんな中ある時、本屋さんでふと見た本に載っていた米粉のクッキーがつくりやすそうで。

これなら美味しくつくれそう!と本も購入して、

米粉は最初は様子見で少なめの300gだけ、

薄力粉タイプの米粉を購入して準備。

初めての米粉でクッキーづくり

ちなみに米粉をつかってのクッキーづくりは初めてです。

最初につくったのは「チャイスパイスクッキー」

シナモン・ジンジャー・カルダモンを入れるレシピで、好きなスパイスの組み合わせだったので。

家にあったチャイスパイスミックスを使用

本にも市販のチャイ用ミックススパイスで使用可能と書いてあり、

以前どこかで購入していたチャイスパイスミックスがあったので、ちょうど良い!、とそれをつかいました。

(本に記載のシナモン・ジンジャー・カルダモンのスパイスの総量を代用)

 

ちょうど家にあったチャイスパイスミックスを使用

バター使わず、豆乳+米油で

植物油は米油を使用。

この本のレシピはバター使わず、豆乳+植物油オを使うやり方、このつくり方は好きで米粉以外でもよく使ってます。

オーブンのクセがあるので、温度と時間は少し変えてますが、ほとんど本の通り。

クッキーの厚さは8mmとありますが、そこは毎回ちょっと違ってしまいます。

(クッキーの厚さによって、焼き時間は調整が必要)

↓型抜きも綺麗に出来ると楽しくなる。

苦手意識のあった米粉でしたが、クッキーに関しては薄力粉でつくるのと同じくらい、

楽しく美味しくつくれました。

次はココアとアーモンドのクッキー

米粉でクッキーづくり、最初のチャイスパイスクッキーが美味しくつくれたので、

次は同じ本にある「ココア&ココナッツクッキー」へ。

材料に記載のココナッツファインがなかったので、米粉をその分増やしたのと。

ペカンナッツもなかったので、アーモンドに代えました。

ココナッツファイン入れていないので、「ココアとアーモンドのクッキー」になってます。

こちらも米粉使っても美味しくできたので、この後も何回かつくってるくらいお気に入り。

家にあったオレンジピールをプレーンクッキーにプラス

あとは、家にあるお気に入りのオレンジピールを使いたかったので、

プレーンクッキーのレシピにプラスして、オレンジピールクッキーをつくってみました。

オレンジピールの粒々が型抜きする時に引っかかって、綺麗に型抜き出来ないのもありましたが、味は美味しい。

オレンジピールの量を気をつけたり、ナッツなど追加して、四角くカットしたのをまたつくりたいな、と思いました。

苦手意識→自信がついてお気に入りに

という事で、米粉でチャイスパイスクッキー、ココアとアーモンドのクッキー、オレンジピール入れたクッキーとつくってみたら。

美味しく楽しく出来たので、クッキーづくりで米粉への苦手意識がなくなったというお話でした。

自信もついて気に入ったので、これからまた他にも色々米粉でつくってみたいと思います。

*オレンジピール繋がりで、オレンジピール&ダークチョコ入れたケーキのことは↓

つくりやすい方法で気軽におやつ作り、お気に入りのオレンジピール&ダークチョコ入りケーキ

続きを見る

*クッキー繋がりでカモミール入りクッキーのことは↓

ジャーマンカモミール、クッキーに入れて焼いたけど、お花がかわいくて見てるだけでもいいくらい

続きを見る

↓参考にした本は『穂高養生園が考えるやさしいおやつ』

(穂高養生園は長野県安曇野市にあるホリスティック・リトリートを謳う宿泊施設)

米粉のクッキー、何回かつくったので、300gはすぐなくなり、その後お得用1kgを購入↓

↓お気に入りのオレンジピールは漂白剤・保存料・着色料、ポストハーベスト農薬を使用していないウメハラの刻みオレンジピール(洋酒入り)

au PAY ふるさと納税

-手づくり, 料理を楽しむ
-, ,