インドアグリーン

セラミスで水耕栽培のポトス・マーブルクイーン、水やりで気をつけていること&成長記録

2021年11月15日

土を使わずセラミス・グラニュー(室内園芸用の人口土)を入れて育っている「ポトス・マーブルクイーン

小さな苗を迎い入れて植えたのは記録によると去年の2020年の9月ごろ。

上は今年の2021年7月の終わりの様子。順調にツルも伸びて元気な様子。

↑は7月の終わりから3ヶ月ちょっと経った11月の初めの様子。

これで去年の9月から迎い入れて今年の11月で1年が過ぎました。

ちなみに根腐れ防止剤は入れていません。

以前セラミス購入時に根腐れ防止剤も一緒に買おうと思ったらお店の方に必要ない、と言われ購入してません。

ガラス鉢に入れているのはセラミスのみ。

水やりで気をつけていることは?

水やりのことですが、ガラス鉢は水の量がよく見えるので、横から見てほとんど水がなくなってから水やりをしています。

冬はあまり水やりをする必要がなかったと記憶してます。

鉢穴がないので、水が出てこない分やり過ぎに注意することと、

常に水がある状態ではなくて、ほとんど少なくなってからお水をあげた方が良さそうです。

冬は我が家は寒い方なのですが、弱ることなく今のところずっと元気な様子。

(我が家が寒い分、冬の水はほとんどあげない方がいいのかもしれません)

↑いつも嬉しくなる、新しい葉っぱが出てくる時。

特にマーブルクイーンは葉っぱの模様と色が綺麗でお気に入りです。

セラミス植えでも問題なく、1年経っても元気なポトス・マーブルクイーンでした。

1年経っての水やりのポイントも一緒にお伝えしました。

水やりの感覚も掴めたので、挿し芽にしてセラミス植えももう少し増やしたいな、と思っているところです。

(セラミス植えの場合は鉢を用意しなくても、使わなくなったコップや瓶を使って気軽に出来るのがいいと思います)

*セラミスで植えて間もない頃のこと↓(ポトスライムと一緒に)

小さめ観葉植物、ポトス2種、ハートの葉っぱとハイドロカルチャー

続きを見る

*10ヶ月後の様子

セラミスで水耕栽培、ポトスマーブルクイーン、その後の成長記録

続きを見る

--------

au PAY ふるさと納税

-インドアグリーン
-