インドアグリーン

セラミスで水耕栽培、ポトスマーブルクイーン、その後の成長記録

2021年7月29日

よく見かけて、よく知られているのではないかと思う「ポトス」ですが、

こちらはポトスでも緑と白のマーブル模様が特徴のポトスマーブルクイーン

涼しげで爽やかな雰囲気がお気に入りです。

小さな苗を迎い入れて、ガラス鉢にセラミス(室内園芸用の人口土)植えにしています。

(詳しくは前回のポトスマーブルクイーンの記事へ)

前回から10ヶ月くらい経って、少しだけ成長してます。

ポトスマーブルクイーンは普通のポトスよりは育てるのが簡単ではない、

水やりの量と冬越しに注意、という情報があったので、そのように注意していたものの。

肥料もなしで、水だけの自然なままの状態でこんな感じなので、順調に育ってるのでは、と思ってます。

↑ポトスライムとの比較はこんな感じ。

ポトスライムの場合は挿し芽を繰り返して、ボリュームを増してきましたが、

ポトスマーブルクイーンはこのままツルを伸ばした方が形が良さそうな気がするので、

自然にツルが伸びるのを楽しみに眺めてます。

ちなみに、せっかくハンギング用の縄がついてるのに、少しの間どこかにぶら下げてはみたものの、やっぱり落ち着かなくて。

今は玄関の棚の上で落ち着きました。

*最近のポトスライムのことは↓

参考新しい小さな葉っぱが沢山、形をどうしようかが楽しみのひとつ、ポトスライム(成長記録)

続きを見る

*前回10ヶ月前ごろの様子、セラミスで植えて間もない頃のこと↓(ポトスライムと一緒に)

小さめ観葉植物、ポトス2種、ハートの葉っぱとハイドロカルチャー

続きを見る


--------

au PAY ふるさと納税

-インドアグリーン
-