お花

楚々とした雰囲気が好きな白い秋明菊(シュウメイギク)

以前植えていた秋明菊(シュウメイギク)、多年草です。↑10月撮影。

名前に菊がついてますが、アネモネの仲間でキンポウゲ科の一種だそう。

白い花姿が楚々とした雰囲気で好きなお花。

夏越しに気をつけたら、寒さにも強く育てやすいはず。

なんですが、我が家の西側の庭で夏の西陽にやられてしまいました。

こうやって庭に植えたことのある植物を思い出して、整理してアウトプットしていくと、秋に咲くお花が我が家では少ないのが分かります。

以前は、その時、その時に気になった植物たちを連れ帰って植えていましたが。

これからは季節的なバランスとスペースを意識して、庭に植えるお花たちを選んでいこうと思います。

秋明菊は秋に咲くお花で、茎が長いので、切り花で花瓶に生けてみたいなっていうのもあって。

育てやすいはずでもあるので、また白い秋明菊に出会えたら連れ帰ろうと思ってます。

次は夏は東側のなるべく涼しい場所に移動させて。

おまけで、↑は岡山の実家の秋明菊、ピンク色も可愛らしいです。

玄関の方を向いているので、写真は後ろ向きですが。

あと、秋明菊は蕾がぽこっとしていて可愛いですね。

***

白い花姿が楚々とした雰囲気で好きなお花。

また元気な苗を見つけたら連れ帰って植えたい秋明菊(シュウメイギク)でした。

*秋に咲くお花の足摺野路菊(アシズリノジギク)のことは↓

丈夫でよく咲く野菊、経年変化から学ぶお手入れの大切さ

続きを見る

よく増えて、背丈も高くなる足摺野路菊/アシズリノジギク【秋に咲く花】

続きを見る

 

--------

au PAY ふるさと納税

-お花