お花 庭木

西陽の強い場所で夏を越えて、ミモザの新芽と蕾【黄色い春の花】

2020年10月5日

 

 

↑今年の3月の終わり頃になります。銀葉アカシア プルプレア 、ミモザ(通称)です。

母から小さな苗を譲り受けて、3年くらい経ったのかな、初めてミモザのお花が咲いた今年の3月の様子。

お花が先端につかず枝の途中についていて、あまり格好はよくなかったのですが初めてなので、ホワホワのお花が見れただけでも嬉しい。

西側の庭に植えているので、無事に夏越えれるかなぁとちょっと心配していたのですが、乗り越えました!

今、新しい葉っぱが出て蕾がついています。

我が家の西側の庭は高い建物がなくて、強い日差しがそのまま降り注いでしまう場所

 

 

↑今年は枝の先端の方まで蕾がついてる、まだ小さいですがこれから丸い蕾になっていきます。

最初はこのプチプチしたのが蕾だと思わなくて、何だろう??だんだん丸くなってきてるけど、色も紫色してるし枯れてるのかなぁって思ってたんです。

咲いて一気に謎が溶けて、嬉しー!!ってなったのが初めて咲いた時の喜びと驚きが一緒になった感動でした。

ちなみにこのアカシア プルプレアは新芽が紫色になる品種で、新芽の紫色と銀葉のコントラストが個性的で気に入ってます。

 

園芸メモ

アカシア プルプレア

・暑さ、寒さに強くて日当たりのいい場所を好むので、戸外で管理するのが良い。

・肥料は春から初夏に緩効性のものを与える

・選定は秋までにする。

(あまり大きくしたくないので、コンパクトに剪定する)

来年の春はどれくらいお花がついてるか、またこのブログで様子をアップしたいと思います。

ミモザは有名ですし、人気もあるので、私がオススメするまでもないですが我が家の西側の庭は冬は寒く夏は暑いとても厳しい場所、そこで丈夫にお花が咲いて育ってくれてるという事はとても丈夫なんだなと思います。

注意点は根が浅いので、突然倒れたりすることもあるらしい(実家の庭では大きくなった後に突然倒れたらしい)、

あとはアレルギーがある人もいます。ちなみに、私も夫も以前ミモザのお花を家の中に入れていた時、近くにお花があると、鼻がムズムズしたりくしゃみが出たりしました。なのでミモザはコンパクトに剪定して、気をつけながら楽しむつもりです。

--------

au PAY ふるさと納税

-お花, 庭木